ネームの刺繍を綺麗に取る方法と動画を紹介

ネームの刺繍を綺麗に取る方法と動画を紹介 生活に関すること

頂き物のスーツや制服、素敵なお洋服だけどこの刺繍さえなければ!そんな風に思うことありますよね。
ガチッと縫われている刺繍を外せたらいいのに〜と思ってもなんだか難しそう。不器用な自分には無理だわ!そんな声が聞こえてきそうですが、意外にも刺繍を取るのは簡単なんです。
道具の準備とコツをつかめば大丈夫!刺繍を取る方法をご紹介します♪

ネーム刺繍を取る方法〜道具の用意

●リッパー
https://item.rakuten.co.jp/shugei-club/4901316215019/

●ピンセット(毛抜きでもOKです)
https://item.rakuten.co.jp/mineshima/color-st/

●糸切ばさみ
https://item.rakuten.co.jp/gchusen/cl36-401/

この3つがあればOK!早速はじめましょう(^^)

ネーム刺繍を取る方法〜裏側の糸を切る

①取りたい刺繍の部分を裏返しにする

②リッパーを使って刺繍糸をどんどん切る
リッパー先端の長い方を使います。先端を横に倒してそのまま横滑りさせるように進めると、力をいれなくてもスムーズに糸が切れていきます。
勢いがつきすぎると生地を傷つけてしまうことがありますので、注意が必要です。
糸だけすくい上げるようなイメージですよ♪
全てではなくても良いですがある程度、裏側で糸を切っておくと、この後がスムーズにいきます!がんばりましょう。

ネーム刺繍を取る方法〜表側の糸を切る

①ある程度裏側の糸が切れたら表面に戻す

②裏側と同様にリッパーで刺繍糸を切る
やり方は裏側と同じです。リッパーの長い方を横にすべらせて糸を切っていきましょう。裏側である程度切っておけば、表側ではより簡単に糸が切れると思います。
こちらも勢い任せになって生地を傷つけないように注意が必要ですよ。

普通の縫い糸をほどく場合は同じ方向に糸が走っていますが、刺繍の場合は糸方向が均一ではありません。根気強く、縦に、横に、斜めに糸を切っていきましょう!この丁寧さが仕上がりの綺麗さに直結します。
ここまでくればあとちょっとです(*^^*)

ネーム刺繍を取る方法〜切った糸を抜く

①ピンセットを使って切った糸を抜く
リッパーで切られた刺繍糸は立ち上がっている状態になっています。これらをピンセットを使って丁寧に抜いていきましょう。表と裏でしっかり糸が切られていれば、スムーズに抜けるはずです。
ここでも生地を突いてしまうなどして傷をつけないように気をつけましょう。

②抜けない糸をハサミで切っていく
リッパーでの切り残しなど、ピンセットで抜けない糸はハサミで切ってしまいましょう。
ハサミで切ってから、はらうと糸が自然と抜ける場合もあります。
抜けない刺繍糸が多い場合は生地との境目が見づらくなります。生地を誤って切ってしまわないようにしましょうね(^^)

ハサミを入れ終わり糸を落とすと切り忘れが見やすくなります。再度裏側からリッパーで糸を切る工程に戻りしっかり刺繍糸を取り除いていきます。
刺繍は頑丈に縫われていることが多いので、一度でスッキリ取り切ることは難しいと思います。作業自体は難しくはありませんが、時間はかかりますので、根気よく糸を切り続けましょう。
こちらの動画もすごく分かりやすいので、見てみてくださいね。

刺繍跡が目立つ!そんな時は…

裏も表もちゃんと糸を切って抜いたのに刺繍の跡が目立つ!針穴が気になる!そんなことも発生するかもしれません。
そのような場合の対処法をお伝えしますね(^^)

【アイロンをかける】
スチーム機能を使って、裏表しっかりとアイロンをかけます。針穴を埋めるようなイメージです。針穴はもちろん、刺繍取りの時にリッパーが擦れてしまったような布地の傷も目立たなくなります。
両面アイロンをかけたら少し、生地を休ませ光を当てて状態を確認します。それでもまだ刺繍跡が目立つようであれば、再度アイロンがけを行います。繰り返すことにより、刺繍跡が目立たなくなりますよ♪

【アイロンNG素材に注意】
注意点としては素材です。アイロンがけが難しい素材もあるので、そもそも刺繍をとるときに「刺繍跡が目立ってもアイロンはかけらられない」ことを理解した上で実行してくださいね。

◎アイロンがけが難しい代表的な素材
●楊柳生地
●ベルベット
●パイソン

品質表示のアイロンマークを確認することも大切ですね。

刺繍取りをプロに依頼する

自分で刺繍を取る方法を挙げてきましたが、どうしても失敗したくない大切なものの場合はお店に頼むのも1つです。

熟練のテクニックはもちろん、刺繍を取るための専用バリカンを使用しているお店もありますので安心してお任せすることができます。店舗が遠くても郵送で受けてくれるところも複数店ありますので、一度調べてみてくださいね♪

ちなみに、刺繍取り用のバリカンとはこんな感じです↓
●刺繍取り用バリカン
https://store.shopping.yahoo.co.jp/europort/brz-shb-01.html

一般家庭でわざわざ購入するには少し高級品かもしれませんね(^_^;)

まとめ

ネーム刺繍の取り方をまとめてみました。
●根気よく
●丁寧に
●コツコツと
リッパーでの糸切りが工程の最大の肝ですね!細かい作業をされるのがお好きな方は時間を忘れて没頭してしまいそうです(^^)綺麗に取れれば達成感もありそうですね。

刺繍があって袖を通してなかったお洋服…一度トライしてみてはいかがでしょうか♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました