国際郵便で送れないもの化粧品でアルコール使用しているのは注意?

国際郵便で送れないもの|アルコール使用している化粧品は注意? 生活に関すること

国内で仕送りする時は、送るものをさほど気にせず送ることができます。ですが、国際郵便になると勝手が違います。

海外で頑張っている家族や友人に送った荷物が禁止品となって返送されたり没収されたりすることもあります。食品や物品などさまざまな種類に禁止品があります。

もし送ろうとする化粧水がアルコール24%以上だった場合は国際郵便で送ることができません。アルコールの量が24%以上なのか以下なのかで『送る・送れない』に分かれます。また、24%以下の場合はそのことを記載することが必要です。


<h2>化粧品は国際郵便で送れない?</h2>

化粧品は日本のものが海外でも人気があります。長期に海外で過ごす予定がある場合はあらかじめ予備の化粧品を荷物に入れたり、または海外にいる間に使っていた化粧品が無くなりそうなときに日本から郵送してほしくなることがありますね♪

化粧品を送る時には少し注意点があり、送れないものがあります。国際便では、アルコール・エタノール・オイルなどは危険物になります。そのため、添付して成分表を見た通関部署で輸出可能かのチェックがはいります。

化粧品を贈るときに輸出通関で成分表のコピーを見せる必要があります。ここで入っている成分が引っかかると返送か没収になってしまうのです(;・∀・)

なぜ、化粧品はそのような扱いになるのでしょう?それは、化粧品、特に化粧水に含まれているアルコールが原因です。アルコールは24%以上含まれていると「引火性液体」という航空危険物に該当してしまいます。

市販の化粧水はアルコールを多く含んでいることがあります。その場合、含まれているアルコール濃度によっては送れないということになります。
ということは、アルコール濃度が24%以下の場合は国際郵便として送れるということになります♪

<h2>国際郵便で化粧品を送る時の注意点</h2>

化粧品に含まれているアルコール濃度が24%以下なら国際郵便で送ることができます♪ですが送るためには化粧品に含まれている成分を確認することが必要です。

アルコールが含まれている場合、何%入っているのかも確認しますが、そこまで箱や本体に書かれていません。なので、メーカーに問い合わせ事情を説明して、具体的にアルコール濃度を教えてもらうことをおすすめします♪

24%以上入っていたら残念ですが、その化粧水は送ることができません。24%以下なら送ることができます♪

アルコールの量はわからないけど、24%以下の場合は決まった書き方があります。
通関検査関連の書類の書き方です♪

アルコールフリーの場合;Skin Lotion ( No Alcohol )
10%アルコールが入っている場合; Skin Lotion ( Alcohol 10% )
24%以下だけど数値まではわからない場合; Skin Lotion ( Not restricted,as per special provision A58 )
24%以上含まれていた場合;残念ですが郵送できないので24%以下の別の商品と変える。

24%以下だけど数値までわからない場合の書き方では、( )の中の英語は決まり文句ですので、まるっとそのまま書きましょう♪

これは、特別規定を利用した表記になります。
航空危険物には特別規定というものがあります。本当は危険だけど危険物とはみなしませんというものに番号が付いています。

「アルコール濃度24%以下」の品に付けられた番号が58番です。
そのため、( )の中の意味は、「アルコール濃度が24%以下の水溶液はA58規定にとって輸送禁止物には含まれません」 ということになります(^-^)

<h2>化粧水に含まれているアルコール量</h2>

実際に化粧水に含まれているアルコール量が24%を超えているものはほとんどありません。ですので、メーカーに問い合わせをして回答をもらえばそれを記載することで送ることができます。

場合によっては、「 Not Restricted 」と書くだけでも送れることもあります。ですが、それで返送されたなどで時間がよりかかってしまうこともありますので、先ほどの決まり文句「Not restricted,as per special provision A58」 を記載する方が確実です♪

メーカーなどにこだわりがなければ、アルコールの入っていない化粧品を選ぶことも一つです。今はたくさんのメーカーからアルコールフリーのものが発売されています。

パッケージに「ノン アルコール」 や「アルコールフリー」 と書かれているか確認しましょう♪その際、成分表示欄に「エタノール」と記載されていないかも確認します♪ 

郵送などで禁止されているのは「エタノール」です。似た表示に「○○エタノール」と書かれているものもありますが、それは禁止されているエタノールとは別物になるので郵送できます。例えば、ラウリルアルコールやフェノキシエタノールなどです。

<h2>まとめ</h2>

化粧水に含まれているアルコールはさほど多くないのでほとんどの製品は問題なく郵送できますが、それを表記する必要があります。

いちいちメーカーに問い合わせをするのも面倒ですし、これは大丈夫かと迷う場合は、初めからノンアルコールの商品を選ぶことをおすすめします♪ただ、ノンアルコールの場合も、 「Skin Lotion ( No Alcohol )」 という記載が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました