Apple watch SEに保護フィルムはいらない?メリットデメリットから必要か調査

※このサイトではアフィリエイト広告を利用しています※

 

家電

Apple Watch SEはとても高価な商品なので、保護フィルムはいらないか必要か悩みますよね。
傷はつけたくないし、でも画面が見づらくなったら嫌だなと困っている人も多いと思います。

結論としては以下のメリットとデメリットから選ぶと良いです。

保護フィルムのメリット

  • 画面を傷や割れから守ることができる
  • 修理費用や買い替え費用を節約できる
  • 売却時に高値で売れる可能性が高まる

保護フィルムのデメリット

  • 見た目や質感が損なわれる可能性がある
  • 貼り付け時に気泡やずれが発生する可能性がある
  • 時間が経つと剥がれたり黄ばんだりする可能性がある

ここからは詳しくApple Watch SEに保護フィルムがいらないという意見や必要という意見もまとめてご紹介します。

Apple watch SEに保護フィルムはいらないという人の理由

まずアップルウォッチSEに保護フィルムはいらないという意見をまとめます。

見た目が悪くなる

apple watch SEのメリットとして画面が綺麗ということが挙げられます。

保護フィルムを貼ることで光沢が失われたり、角度によっては画面が見づらくなることがあります。

そのため、見た目を気にする人は保護フィルムを貼らないほうが良いです。

傷に強い画面

もともとApple Watch SEには、傷に強い素材で作られた画面が採用されています。

具体的には、Ion-Xガラスという強化ガラスでできています。

もちろん、無理に力を加えたりすると傷つく可能性もありますが、落としたりしなければ問題ないです。

AppleCareで修理できる

Apple Watch SEの画面は、傷に強い素材で作られていますし、万が一傷ついてもAppleCare+で修理や交換ができます。

以上のように、保護フィルムを貼ることにはデメリットが多いです。

では、どうすれば画面の傷を防ぐことができるのでしょうか。

また、万が一画面に傷がついてしまった場合でも、AppleCare+というサービスを利用することで修理や交換が可能です。AppleCare+は、Apple Watch SE (第2世代) で月額340円、年6,800円かかります。

保証内容は

  • 画面や本体の破損:過失や事故による損傷に対する修理などのサービスを、1回につき10,700円のサービス料で、利用回数の制限なく受けられる
  • バッテリーの劣化:自己負担なしで修理や交換
  • 付属品の破損:自己負担なしで修理や交換

という特典があります。
Apple Watch SEの購入時に加入することもできますし、購入後30日以内ならあとから加入することもできます。

※参考Appleの公式サイト

Apple watch SEの保護フィルムのデメリット

保護フィルムは、画面のタッチ感度や明るさを低下させる可能性があります。

特に、曲面に沿って貼る必要があるApple Watch SEの場合は、フィルムが浮いたり剥がれたりしやすく、操作性に影響を与えることがあります。

また、Apple Watch SEの画面は、高解像度で鮮やかな色彩を表現できるRetinaディスプレイです。

そのため保護フィルムを貼ると、その美しさが損なわれることがあります。

特に、安価なフィルムは、反射やゴミが目立ったり、気泡が入ったりすることがあります。

厚みのあるフィルムは、本体との一体感を失わせたり、ずれたりすることがあります。

apple watch seに保護フィルムは必要という人の意見

また、保護フィルムを貼るべきだという人の主な理由は以下のとおりです。

  • Apple Watch SEは、画面が出っ張っているデザインなので、衝撃や摩擦によって傷がつきやすい。
  • Apple Watch SEは、水に強いとはいえ、完全に防水ではない。保護フィルムを貼ることで、水や汗によるダメージを防ぐことができる。
  • Apple Watch SEは、高性能なデバイスなので、長く使いたいと思う人も多い。保護フィルムを貼ることで、画面の品質を維持することができる。
  • 保護フィルムは、種類や価格も豊富にあるので、自分の好みや予算に合わせて選ぶことができる。

そのため、できるだけ修理をする可能性を抑えたい、絶対に傷をつけたくないという方には保護フィルムを貼っておくのがおすすめです。

Apple watch SEに保護フィルムのメリット

保護フィルムを貼ることで、傷の衝撃や摩擦から本体が守れますので、きれいな状態を保つことができます。

AppleCareに入っていても修理には時間がかかるので、その間Apple Watchは使えません。

AppleCareに入らなければその分の費用も節約できます。
また、Apple Watchが綺麗な状態を保てれば、売却時にも高値で売れる可能性が高まります。

そのお金を使って次のApple Watchを買うこともできますし、別のものにお金を使うこともできますね。

保護フィルムは1000円台の安価なものから準備がありますので、これを貼っておくことでリスクを少ない金額で最小限に抑えることができます。

どこに売ってる?

アップルウォッチの保護フィルムは、

  • ダイソー、セリアなどの100均
  • ヨドバシカメラやビックカメラなどの家電量販店
  • 楽天Amazonなどのオンラインショップ

で買えます。それぞれ詳しく解説します。

applewatch SEの保護フィルム 100均の場合

100均で買える保護フィルムは、品質や性能が低いと思われがちですが、実はそんなことはありません。

100均の保護フィルムは、高価なものと比べても遜色なく使えるものがたくさんあります。
Twitterの口コミにはこのようなものがありました。

【ダイソー】

良い感じ

逆にマイナスの口コミもありました。

浮いてきちゃって使えなかった

汚くなる

【セリア】

セリアの口コミはTwitterでは少なかったのですが、貼ったときは気泡がなかったのに、放置したらできてきたというのものもありました。

セリアの口コミは他にはこんなものがありました。

  • 薄いので貼ってあるのが目立たない
  • 失敗しても安いから気軽に買い直せる
  • ペラペラに薄いので貼るのが難しい
  • ゴミが入りやすい
  • 柔らかい素材なので傷がつきやすそう

100均の商品は失敗しても買い替えやすいというメリットがあるので、まずは安価で試してみたいという方にはおすすめです。

一般的に、保護フィルムには硬度や透明度、反射防止などの性能がありますが、100円ショップ以外のものと比べるとやはり劣ってしまいます。

特に硬度が低いと、傷や割れに弱くなりますし、透明度が低いと画面が見づらくなります。

反射防止も重要な機能で、日光や照明の下で画面を見やすくする効果があります。

また、ダイソーやセリアで売っている保護フィルムは安価ですが、貼り方や剥がし方に注意が必要です。

100円ショップのものは粘着力が弱い場合も多く、時間が経つと剥がれてくることもあります。

逆に強すぎることもあり、剥がすときに画面を傷つけたり、残った粘着剤を落とすのに苦労したりすることがありますので注意してください。
また、100均に在庫がない場合もあるので、せっかく行っても売ってなかったとならないように、必要な方はWEBサイトや電話で確認してみてくださいね。

家電量販店の場合

ヨドバシカメラやビックカメラなどの家電量販店では、実際に商品を手に取って確認できるので、サイズや品質に不安がない場合はおすすめです。

しかし、商品の種類や在庫が限られている可能性があるのと、探すのが大変な場合があります。
せっかく行ったのに売り切れていることがないように事前に在庫があるか確認してから行くのがおすすめです。、WEBサイトや電話で確認ができます。

Amazonや楽天市場の場合

Amazon(アマゾン)や楽天市場などオンラインショッピングサイトで買うのは最も手軽な方法です。

100均や家電量販店と違い、サイトを見れば確実に在庫がわかるので、在庫があるか確認が簡単です。
電話する必要もありません。

また、多くの商品やレビューを見ることができるので失敗が少ないですし、価格も比較しやすいです。
しかし、実際に商品を手に取って確認できないので、しっかりレビューを見るようにしましょう。
レビュー数が多く人気な商品は以下のものがあります。

 

こちらの商品はレビュー件数が他を圧倒する10159件(2023/12/27時点)です。

次にレビューが多いのは1356件なので、この商品が人気の理由がわかります。

評価も5点満点中4.42点なのでかなりの高評価です。

この商品の詳細はこちらから見れます。

>>楽天市場でこの商品の詳細を見てみる

また、この商品以外にも楽天ではレビューが多い順や価格で選ぶことができますので、こちらから確認してみてくださいね。

>>楽天のレビュー件数順にアップルウォッチ SE 保護フィルム を見てみる
>>楽天市場で価格の安い順にアップルウォッチ SE 保護フィルム を見てみる
ケースのサイズは40mmと44mmの2つあるのでサイズを間違えないように気をつけてくださいね。

まとめ

画面の性能や美しさ、本体のデザインを損な痛くない人は貼らないという選択肢もありですが、絶対に傷をつけたくない、できるだけ修理をする可能性を抑えたいという方には保護フィルムを貼るのがおすすめです。

保護フィルムは100均、家電量販店、オンラインショップで買う方法がありますが、それぞれメリットデメリットがあります。
直接商品を見て選びたい人は100均や家電量販店で、ネットで口コミを見たり在庫を簡単に確認したい人は楽天Amazonなどのオンラインショップで買うのが手軽です。

あなたにとって最適な方法が見つかりますように。

コメント